07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

*雪月花*

当サイトは、動画(MAD)系二次創作サイトです。腐向け注意。

□■サイト案内■□

アニメやゲーム感想、動画(MAD)制作の事などを気ままに書き綴っているブログです。
アニメやゲームの感想は、私個人の独断と偏見で書いてます。
腐向け、ネタバレ発言もございますのでご注意ください。
作品置き場http://setugextuka.web.fc2.com/


□■最新記事■□



遙かなる時空の中で5 風花記 プレイ感想(ネタバレ注意) 



「遙かなる時空の中で5」の続編、「遙かなる時空の中で5 風花記」
の 全ルートを攻略完了しましたー!!(*´∇`*)


攻略順は・・・
小松帯刀⇒リンドウ⇒ノーマルED⇒桐生祟⇒坂本龍馬⇒福地桜智⇒高杉晋作
⇒チナミ⇒沖田総司⇒桐生 瞬⇒アーネスト・サトウ⇒天海 です。

攻略対象は、八葉、祟、リンドウ、天海11人
前作で相当不評だったのか、今作では都ルートがありませんでした。
(私は好きだったんですけどw)
ED各1種類ずつ。誰とも恋愛をしないノーマルEDもあります。

「天海」のみ攻略制限あり。八葉+ノーマルED+祟+リンドウ攻略後に
主人公の物語三章をプレイすることで、イベントが発生します。

1~4章までが共通ルート。
5章から個別(恋愛)ルートになります。

全キャラの恋愛フラグを回収しつつ、レベル上げをしながらプレイしたので、
初回は、8~10時間くらいかかりました。2周目からは、4章からスタート。
個別ルートのみなので、一人当たり2~4時間くらいで済みました。

前作「遙か5」のセーブデータがあると戦闘スキルは引き継ぎ可能です。
私はコンプデータ(主人公のレベル50くらい)を引き継いで風花記をプレイ!!
敵の強さを「普通~強い」に設定したので好感度の上昇が非常に早くラクチンでした♪

↓今作の総評はこんな感じ(5段階評価)
----------------------
・絵   :★★★☆☆
・シナリオ:★★★★☆
・システム:★★★★★
・恋愛要素:★★★★★
・主人公 :★★★★☆
----------------------

■絵(スチル&背景)
前作に引き続き、カットインやエフェクト付きスチルはとても良かったです!!
ただ、スチル枚数が非常に少なかったので、低評価(星3つ)。
1人あたりスチルが4枚しかないってどういう事なの・・・・。(´;ω;`)
ファンディスクでも、ここまで枚数が少なくないと思うんですよ~。
しかも今回は、ファンディスクというより続編という位置づけなので、なお残念!!
前作のスチルが使いまわされているので、プレイ中は不思議とスチル不足を感じませんでしたが
やはり新規スチルはたくさん欲しかった。こんなんじゃ満足できないぜ!ヽ(`Д´)ノ

トレジャーBOX特典では、描きおろし追加スチルが12枚ほど掲載されてるらしいので、
お金に余裕がある人はそちらがおすすめ。私は通常版を購入しました。

■シナリオ
前作で一番不満を感じていた、仲間⇒恋愛への心理描写不足が見事に改善されていました。
今作では「いつのまに恋人になったんだよw」というツッコミはありません。
恋愛模様も一人ひとり異なっていて、展開が重複しなかったのも良かったです!
前作が「現代ED」だったのに対し、今回は一部を除き「異世界ED」になります。
異世界に残るという事は、両親や桐生兄弟とは一生会えなくなるので、
その辺もちゃんと、主人公が葛藤していた所が凄く良かったと思います。

個人的に糖度は高めに感じました。遙かシリーズなので、恋愛描写は控えめで
恋愛に入ってもほぼハグ止まりですけど、基本的に主人公無双なので
共通ルートの時から周囲は恋の鞘あて状態。甘い言葉もささやいてくれます。(*´艸`*)
これまでの遙かシリーズの糖度で満足できてる人は今作も満足できるんじゃないでしょうか♪

仲間同士の会話なども個人的には凄くツボでしたね。
主にチナミと桜智さん関係ですが(笑)今回も盛大に笑わせていただきました。

最後に主人公についてですが、
前作で賛否両論だった「世間知らずさ」や「天然さ」はだいぶ改善してました。
「命を削って世界を救う」というのも、今回の方がリアリティがあって良かった!
前作では、あまり主人公に悲壮さや責任感が無かったというか・・・。
今作は、立ち眩みだけでなく、命を削るごとに腕が透けていく描写があり、
主人公もそれに恐怖を感じているので、リアルに命を削っている感じが伝わるし、
民衆から非難されつつも浄化を続けるなど、行動に責任感も感じました。
突発的に常識はずれな行動もしないので、今作の方が断然好みですね!!
むしろ、この性格で前作をプレイしたかった。
主人公補正済みの愛蔵版とか出ませんか…?(^q^)

■システム
前作「遙か5」のデータ引き継ぎや戦闘など文句なしの出来です!
前作のデータを引き継いでプレイしても、敵の強さが調整できるので楽しめます。
引き継ぎデータでも、ちゃんと武器が成長するので武器封印イベントもあります。
(リンドウ以外のスチルは前作の使い回しですが)
回想集があるので、クリア後はイベントごとに回想可能。スチルの回想ボイスあり。
システム面は、さすがのコーエーさん!大満足です。(*´ω`*)


※※以下、個別ルートの感想(物語のネタバレにご注意ください)※※


■桐生 瞬
s01.jpg
前作に引き続き、合わせ世が回避されると瞬が消滅するので、
基本的に瞬の主人公への態度はツンツンなんですが、前作よりデレが早かった!(笑)
そして、そのデレ瞬を見た周囲の反応が面白すぎました。
みんなから瞬の記憶が薄れていく…という展開も切なくて良かったです~♪(*´艸`*)

■坂本 龍馬
s02.jpg
前作に引き続き、龍馬は時空を遡る物語展開です。
今回は龍馬の危機を回避するんじゃなくて、縁を結びに行くという感じ。
時代を遡るにつれ、龍馬が若返っていくんですが所々で萌えスチルがあって良かった~!!
特に、ミニマム龍馬の指切りスチルが可愛かったです!!!!(≧∇≦)
前作のように「いかないでくれ!」的な、切ないイベントも美味しかったけど
「実は小さい頃から一途に想ってました」展開も、とても美味しゅうございました。(*´艸`*)
龍馬ルートは、前作も今作も両方好きですね~♪

■チナミ
s03.jpg
恋愛感情に振り回されるチナミが可愛くて仕方がなかったです!(*´艸`*)
主人公を無意識にガン見してしまい、帯刀に桜智と同じ扱いをされてショック受けたり、
無意識に主人公の肩を抱こうとして、それを目撃したサトウに「危ない人ですね」と言われたりw
若いから色々と余裕がないんだけど、基本的に真面目だし、それなりに柔軟性もある。
最後にはきっちりとケジメをつけにいったり、器のでっかい男の子だなぁーと思いました。
たぶん主人公の両親に「嫁にください」宣言をしに行ったのはチナミだけじゃないのかな?
あと、前作と違い今作では兄のマコトさんを救出できたのは良かった!
まさかED後に三角関係になるとは思いませんでしたけど(笑)
チナミ攻略中も、選択肢によってはマコトさんと妙な雰囲気になるので面白かったですw
一瞬、マコトさんルートのフラグかと疑ってしまいましたよ(^q^)
チナミのルートは、前作と同様に「同年代同士の恋」という感じで凄く良かったです。

■沖田 総司
s04.jpg
色んな意味で一番危険だった沖田ルート。これは予想外(笑)
奥手そうに見えて、この人が一番手が早かったですwあなどれねぇ!/(^o^)\
まさか、ED前に何度もキスシーンがあるとは思いませんでしたw
任務と恋愛感情に苦しんで、自身の感情を放棄する展開は面白かったです。

■小松 帯刀
s05.jpg
ひたすら「嫁にこい」と勧誘されるルートでございました(笑)
最初は小松の政略的な意味での求婚だったんですが、本気で好きになってしまい
主人公を異世界に留めるために、段々と大人の余裕がなくなっていくという感じ。
主人公の方は、政略的に「神子」が欲しくて求婚されているのか、本気の求婚なのかを悩みます。
途中、小松の事を恋愛対象として思えない理由を主人公に小松が問うシーンがあるんですが、
歳の差にも言及していて吹きましたw
いやぁ、余裕がある知的な年上の男性が一回りも年下の女の子に翻弄されるパターンって
すっごくベタだけど良いですね!!(笑)時折見せる、小松さんのデレ顔の破壊力ぱねぇw
前作でも小松ルートが一番好きだったんですけど、今回も最萌キャラです!!(*´艸`*)

■福地 桜智
s06.jpg
安定の変態(ストーカー)w 桜智さん、今作でもマジでぶれませんね!大好きです(笑)
最初は「ストーカー日誌つけてるとかドン引きだよ!w」とか思ってたんですけど、
独特の個性と言い回しが、段々と病みつきになっていく罠w
いつもの桜智節が消え失せると、なんだか物足りない気持ちになってしまいました(笑)
ここまで突き抜けたキャラって、乙女ゲーでは珍しいんじゃないでしょうか。
これを攻略対象にしたコーエーでほんと凄いと思うwwwwwwww
今作では、桜智さんのハイスペックぶりが発揮されてて面白かったです。
一人で四凶を倒して、レア怨霊を討伐+情報で民意操作とかマジぱねぇw
人格に問題があるものの、実は一番使える人材なのかも…(笑)

■アーネスト・サトウ
s07.jpg
今作も安定の腹黒さでした。通常運転すぎる(笑)
個人ルートに突入して早々に、あっさり主人公の世界へ来ることを快諾したので、
妙だなぁ・・・とは思っていましたが、やっぱり最後の最後でやられたーッ!!!
ちくしょう、この黒砂糖!!/(^o^)\
いくら主人公のためについた嘘とはいえ、(疑似)結婚式までやっておいてこの裏切りは酷いwと
モヤモヤしていたら、不覚にも、未来の世界に咲いた桜並木に泣かされました。(´;ω;`)
あと、恋愛イベントで和服姿のアーネストを見れたのが良かったです~♪(*´艸`*)

■高杉 晋作
s08.jpg
「萌え」というより「燃え」ルートでした。熱いです。豪快さにマジで惚れる!!!
高杉は玄武の呪詛の影響で薄命なんですけど、命の短さも手伝ってか超肉食系でした(笑)
志があって筋も通ってるし、終始、男前で良かった~!!!!!(≧∇≦)
断然、今作のシナリオの方が好みです!!!!
ラストは、「命を分け合って2人で短い生を生きる」というとても切ない終わり方でしたけど、
たとえ短い生でも最後の一瞬まで好きな人と共に生きて、共に死ねるというのは、
ある意味、幸せなんじゃないかなとも思いました。大事な人であればあるほど、残されるのは辛いですから。
「おまえら絶対に幸せになれよ!!絶対だかんな!!」と、全力で願わずにはいられないルートでした。(ノω`*)

■天海
s10.jpg
前作の天海ルートがとても良かったので、今回も楽しみにしていたんですが、
だいぶボリュームダウンしてました・・・orz
あんだけ攻略規制が厳しかったのに、恋愛イベントが少なすぎる/(^o^)\
天海ルートは今回も現代EDになるんですが、実体で触れ合うことが出来ない幽霊状態になってしまうので
完全なハッピーエンドというわけではなく、ちょっと切ないなぁーと思いました。

■リンドウ
一番年上のキャラなのに、一番面倒な人でした(笑)
共通ルートでは、主人公に対して批判的だったり、ことある事に「神子を辞める気はない?」と言ってくるのが
斬新で面白かったんですが、恋愛ルートに入った途端、「執着したものを壊してしまう」という設定に戦慄したw
まさかのヤンデレ属性。一歩間違えば、DVやストーカーですよ、この人!/(^o^)\
ちょっと…いやかなり、ED後の主人公が心配ですw
リンドウは意外にも現代EDでした。設定にびっくりしたものの、ストーリーは面白かったです!

■桐生 祟
s11.jpg
前作での扱いが酷過ぎたので、今回、救済ルートがあって嬉しかったです。(*´∇`*)
最初は、個別ルートに入ったらデレて味方になるのかな?と思っていたんですが、
意外にも、最後までキャラがブレませんでした。恋愛的なデレはED後のエピローグで補完。
倒れた主人公を背負いながら、祟が心情を吐露するシーンは泣けました。(´;ω;`)
あと、EDスチルが2種類あり、成長後のスチルもあった事が個人的にとっても嬉しかったです。(*´艸`*)

■総 評
前作に比べてボリュームは少なかったものの、シナリオや主人公の性格、
心理描写がとても改善していて、感情移入もしやすく大満足でした!!!
買う前は散々悩んだんですけど、思い切って購入して本当に良かったー♪(*´∇`*)
賛否両論だった前作(遙か5本編)も個人的に好きなので、もし愛蔵版が発売されるなら、
可能な限り、このクオリティで作り直してほしいです。(^^:




 









Posted on 2012/08/22 Wed. 01:04 [edit]

category: 乙女ゲーム感想

TB: --    CM: 0

22